function.php を直接編集したくないときはCode Snippetsプラグインを使うと便利

こんにちは、ヒラムです。
WordPressのfunction.phpに書き込むと、アップデートのときに上書きされてしまいます。
またコードの文法が間違っていたりすると、画面真っ白やエラーコードが画面いっぱいになることもあり、
初心者にはかなり怖い作業になります。

そんなときは子テーマを用意する方法もありますが、 Code Snippetsというプラグインを使うと便利です。

Code Snippets

Code Snippets を使うには

プラグイン新規インストールで検索窓から「code」と入れて検索し、「インストール」「有効化」と進みます。

  1. 有効化するとダッシュボードのメニューに
    のメニューが表示されるので、クリック
  2. 「新規追加」をクリックして、どんなコードかタイトルをつけて、コードを入力し保存、有効化します。

これはContent View Pro というプラグインのデフォルトの画像を変更しようとしているコードです。

まとめ

いかがですか、このようにテンプレートのfunction.phpに簡単に追加ができます。有効化するまではコードを入れてもする反映しないので、安心です。

関連記事

  1. 今まで使っていたお問い合わせフォームで突然エラーがでて送受信…

  2. WordPressプラグイン、画像管理に便利な「Media …

  3. 子テーマを使っている場合の親テーマのアップデート方法

  4. 下書き記事を公開前に確認してもらいたい時に便利なプラグイン

    下書き記事を公開前に、外部確認してもらうことができるプラグイ…

  5. ログインしているかどうかで、メニューの項目を切り替えたいとき…

  6. ホームページ担当者一日研修会に講師としてお招きいただきました…

ブログ一覧