プライバシーポリシー、利用規約、特定商取引法に基づく表記の必要性

教会にプライバシーポリシーのページが必要ですか?というご質問をよくいただきます。
答えはというと、必ず必要となります。以下プラバシーポリシーについて説明します。

プライバシーポリシーとは?

プライバシーポリシーとは一言で言うと、「あなたの個人情報を大切に扱います」という宣言です。
最近はホームページがどれくらい見られているかを知るために、分析ツールを使って、
訪問者の特性を記録しています。
そのため「あなたのプライバシー情報を保存しますが、これこれのためだけに使用させていただきます」
というお断りをしなくてはならないことになっています。
これがプライバシーポリシーです。

プライバシーポリシー

設置が必要な場合

  • お問い合わせフォームで質問を受けている
  • Googleアナリティクスなどで解析をしている
  • Google広告などを出している

つまり訪問した人の情報を収集する可能性がある場合、プライバシーポリシーを設置する必要があるとされています。しかし、個人のサイトや問い合わせが1日数件といった場合は設置する必要はないとされていますが、プライバシーポリシーをしっかりと明記することでサイトの信頼性も高まりますね。

ではどうやって作ったらいいのでしょう。「プライバシーポリシー 書き方 雛形」などで検索すると詳しい解説記事がたくさんありますが、本来は専門家が作らなくてはならないものとなります。ある程度他のサイトを参考に作れても、内容については専門家にチェックをしてもらう必要があります。

プライバシーポリシー の文例

参考

XXXXX 教会(以下「当教会」)では、個人情報に関する法令を遵守し、当教会が運営するウェブサイトで取扱う個人情報の取得、利用、管理を適正に行います。
当教会のサイトアドレスは https://xxxxxxxxxx.com です。

個人情報の取得と利用目的について

当教会では、訪問者からのお問い合わせを受け付けるために、お問い合わせフォームを設けています。お問い合わせフォームでは以下の個人情報を取得します。

  • お名前
  • メールアドレス
  • 電話番号(電話での返答を希望の方のみ)
  • お問い合わせ内容

これらの情報は、お問い合わせに対して回答することを目的として取得するものであり、それ以外の目的で利用することはありません。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

個人情報の第三者への提供について

当教会では、訪問者より取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。 ただし、次の場合は除きます。

  • ご本人の同意がある場合
  • 警察からの要請など、官公署からの要請の場合
  • 法律の適用を受ける場合

プライバシーポリシーの変更について

当教会は、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

xxxx年xx月xx日策定
xxxxx教会

まとめ

以上、プライバシーポリシーについてご説明しました。たくさんの人に安心して訪問してもらえるホームページになりますように。

関連記事

  1. ホームページ用に取得したドメインを使って、Gmailのメール…

  2. function.php を直接編集したくないときはCode…

  3. WordPressにBloggerの記事をエクスポート・イン…

  4. Q. ユーザー名やパスワードなどを忘れたときどうしたらログイ…

  5. 教会がすべきホームページ活用術3選!

  6. メールのフォームのプラグインはどういう基準で選ぶのがいいか?…

ブログ一覧