WordPress アップデートしてますか?

おはようございます、ヒラムです。
今日未明WordPressバージョン5.9がリリースされました。ヒラムの管理させていただいているクライアントさんには順次アップデートをかけていきます。WordPressサイトは、必ずアップデートをすることが必要です。日々新たに生まれるウィルス、スパイウェア、サイバー攻撃から守るため、WordPressも頻繁に新しいバージョンがリリースされます。

しかし、リリースされたからといってすぐアップデートできるとは限りません。アップデートでサイトが壊れることもありますので、心配な時はぜひ専門家に相談してください。

今日はアップデートについて大事な点を解説します。

バージョンアップした方がいいかどうか迷うとき

見送っても支障ないケース

ワードプレスは1ヶ月一度以上の頻度でマイナーバージョンアップが行われています。基本的にはプログラムのちょっとした修正などが行われ、アップデートにより大きな問題が発生することはありませんが、サイトに不具合が起こっていなければ見送っても支障はありません。

必ずした方がいいケース

それに対して、セキュリティーホールや脆弱性の問題でバージョンアップがされた場合はできる限り早くアップデートすることをお勧めします。「できる限り」と断ったのには理由があり、アップデートしたくてもできない場合があるのです。

ワードプレスがアップデートできないケース

サーバーのPHPのバージョンやMySQLのバージョンが古くてアップデートできない

この場合はホームページではなく、サーバーの管理画面から推奨されているバージョンに切り替える必要があります。やり方がわからない場合はよくわかっている人か、制作会社などに依頼することをお勧めします。PHPバージョンなどを上げた場合、サイトデザインが一瞬で壊れることもあります。ただこの場合はバージョンを戻してすぐに復旧できます。

プラグインが新しいワードプレスのバージョンに対応できていなくてアップデートできない

この場合はプラグインの対応を待ってからアップデートするのが無難です。一旦アップデートしたワードプレスをダウングレードするのは大変難しいので、急ぐ場合は代替のプラグインを見つけて入れ替えます。日頃使うプラグインの選定もアップデートによく対応しており評価の高いプラグインを使うのがお勧めです。完全無料のプラグインより有料版のプランがあるプラグインのほうが長く使い続けるには安心のように思います。

使っているデザインテンプレートが新しいワードプレスのバージョンに対応できていなくてアップデートできない

無料テンプレートの場合、新しいワードプレスのバージョンに追従してもらえない場合があり、セキュリティの面からもテンプレートやデザインを見直していく必要があります。

サーバーがわでワードプレスのアップデートをさせないように止めている

サーバー会社によっては、ユーザーが自由にアップデートできないように設定している場合があります。何らかのサーバー会社の事情だと思いますが、古いワードプレスのバージョンのまま使い続けるのはセキュリティ的にもデメリットしかないので、サーバー会社を見直しもありだと思います。おすすめのサーバーの記事も書かせてもらったのでよかったら参照してください。

 

まとめ

 

工房ヒラムでは保守サービスに力を入れています。WordPressサイトを運営するのに必須のアップデートやサーバー管理はWEB担当者には負担の大きい作業です。更新作業に集中していただくことでより成果を上げるホームページを運営していくことができます。

ぜひ保守更新は私たちにお任せください。

関連記事

  1. WordPressにBloggerの記事をエクスポート・イン…

  2. 電波法改正により、旧規格のワイヤレスマイク使えなくなる?

  3. Stripeの審査が通らない!そんなときはSquareを試し…

  4. 幼稚園探しで関連性の高いキーワードに「めぐみ」「ひかり」が多…

  5. function.php を直接編集したくないときはCode…

  6. プライバシーポリシー、利用規約、特定商取引法に基づく表記の必…

ブログ一覧