ページやカテゴリー、ポストタイプによって表示するウィジェットを変えるには、widget contextが便利

有名どころではWidget Options というプラグインがあり、端末のタイプや、ユーザー権限別にウィジェットの表示非表示を切り替えられますが、そこまで高機能でなくても良ければWidget Context が設定もシンプルで使いやすいです。カスタムポストタイプやタクソノミーごとに簡単に切り替えられるのはとても便利。またURLでも指定できます。

またWidgetOptionsでは時々期待したように表示ができないことがあり、そっちでうまくいかない時はこちらを試してみてください。

ちなみにプラグインがうまく機能しないことはよくあることで、そういう時は似た機能の別のプラグインを使用するとうまくいくことも多いです。

関連記事

  1. カスタム投稿の新着表示、カテゴリー、アーカイブ、タグなどのウ…

  2. ダラスのFirst Baptist Churchへ行ってきま…

  3. wordpressのアイキャッチを投稿一覧画面で登録できる便…

  4. プレビュー画面やダッシュボード、カスタマイズが突然できなくな…

  5. サンアントニオの教会に行ってきました

  6. クリアファイルデザイン