オンライン献金のための無料プラグイン、その名も「什一献金」で今すぐオンライン献金をホームページに実装できる

コロナの問題で社会も教会もとても難しい時を過ごしています。教会が相次いで礼拝をお休みをする中、お問い合わせが多かった順に、礼拝ビデオ配信、献金、会員ページ機能がありました。当初深刻だった献金の問題も銀行振込などで解決されており、コロナ下での対応も徐々に落ち着きつつありますので、「献金どうするの!」という心配の旬は過ぎてしまったのかもしれませんが、ホームページで献金ボタンを設置したいという要望はまだまだあると思いますので紹介させていただきます!

オンライン献金を可能にする無料プラグインは「Church tithe WP」、”tithe” は什一のこと、言うなれば「什一献金」プラグインです。すごい名前のプラグインですね。笑ww しかしtitheという単語知りませんでした。日本の英語の授業じゃ出てこないかもですね。

実装する方法

  1. プラグインインストール
  2. 質問に答えながら「決済サービスStripe」アカウント開設(既存のアカウント利用可能)
  3. 質問に答えながらStripeとプラグインを連携
  4. 表示されたショートコードを献金ボタンを設置したい場所にコピペします(下にデモあり)
  5. ボタンのほかにページ内に貼り付けることもできます(下にデモあり)

アカウントを開設して設定が終わるとすぐに利用できます。入金された残高は翌週指定した銀行口座に振り込まれます。

献金ボタンのデモ

テストには、以下のクレジットカード情報を入力してみてください。

 

名前は任意です。情報を入力してボタンをクリックすると、教会への連絡フォームが表示されます。
私たちの教会では「月約献金」という毎月の献金のほか、建築のためや営繕のための特別献金、クリスマスや行事や誕生日など特別な目的の感謝献金があり、
献金の種別を連絡したり、近況を知らせたりできて、とても便利です。

安心してテストしてください。間違ってリアルなカードを使っても、
最後エラーで終わるようになっています。もちろん本番は実証済みです。
万が一工房ヒラムに送金されてもご安心を、ちゃんと返金いたします!!!!

献金を埋め込むデモ

関連記事

  1. wordpressのアイキャッチを投稿一覧画面で登録できる便…

  2. コロナウイルス、礼拝はインターネットで、献金もネットで?

  3. チャット機能JivoChat Live Chatプラグインを…

  4. WordPressにBloggerの記事をエクスポート・イン…

  5. 既設のマイクや音響機材を利用して高品質な音声で礼拝ライブ配信…

  6. ログインで「管理者メールアドレスの検証」って突然出た!これっ…

ブログ一覧